読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のANA

- 三十路リーマンが妻を説得しながらDIA修行 -

妻をどう説得するのか(啓蒙編)

hibianaです。

今回はDIAの恩恵を妻に啓蒙すべく、メリットについて考えてみます。

-前回引用-

現在平SFC会員ですので、日々ラウンジサービスや優先搭乗についての恩恵を享受しています。妻もこれについてはメリットを感じており、上級会員のサービスに満足しているようです。そんな現在から、DIAになる為にわざわざ大出費する必要があるのか、そう言われるのは目に見えています。

 

国内線

DIA優先搭乗

hibiana「DIAになったら、SFCやスタアラゴールドより先に搭乗できるよ!!」

妻  「そんな急いで乗ってどうするの」

hibiana「荷物置くスペースとか先取りできたりするよ」

妻  「うーん、でも私はSFC扱いなんじゃないの?」

hibiana「.......」

 

私は出張でたまに羽田-伊丹を利用しますが、この路線のPLT/SFC優先搭乗は利用する価値がほぼありません。DIAとなればグッと対象者が減り、ようやく優先搭乗の恩恵を得られると思います。ただし妻は家族会員でただのSFCなので、厳密にはDIA優先搭乗できません。。。残念

 

 

スイートラウンジ

hibiana「スイートラウンジ入れるよ!」

妻  「ふーん、普通のANAラウンジと何が違うの」

hibiana「人少ないよ!少し食べ物あるよ!シャワーできるよ〜〜」

妻  「国内線でシャワーはイラないね、人少ないのはいいかも」

 

国内線のANAラウンジは、SFC会員と他社スターアライアンスゴールドメンバーが入室可能な為、慢性的に混雑しています。スイートラウンジなら混雑しているということがあまり無いと思います。軽食やシャワールームがあるのも利点です。

 

妻反応:☆☆

 

国内線事前予約開始期間

hibiana「プレミアム旅割とりやすくなるよ!」

妻  「ふーん、プレミアムクラスなんか滅多に乗せてくれないくせに」

hibiana「....(涙)」

妻  「まあ優遇はされてるってことね」

 

プレミアム旅割28の予約期間は2ヶ月前からです。DIA会員であれば2ヶ月前からさらに14日前より予約可能となります。

 

妻反応:☆☆

 

預け荷物最優先

hibiana「預け荷物が最優先で出てくるよ!うれしくない??」

妻  「遅いよりは早いほうがいいけど、ロストしないならなんでもいいや」

hibiana「....」

 

妻反応:☆☆

 

 

国際線

DIA優先搭乗

国際線ではDIA優先搭乗に同行者(妻)が含まれそうな気がしましたが、やはり厳密にはNGのようです。(でも行けそうな気もする)

 

妻反応:

 

スイートラウンジ

hibiana「夜ご飯食べられるよ!人少ないよ!(たぶん)」

妻  「へぇ、いいじゃん」

 

国際線のANAラウンジは、スターアライアンス他社ゴールドメンバーが利用可能なこととSFCホルダーの多さ等から、大変混雑しています。スイートラウンジであれば混雑から開放されますし、Dinning H等の食事サービスを受けることができます。

 

妻反応:☆☆☆

 

預け荷物最優先

預け荷物が最優先で出てきます。

 

妻反応:☆☆

 

共通

ANAマイルの積算率が格段に上がる

hibiana「ボーナスマイルの積算率が現在SFC50%からDIA120%に上がるよ!」

妻  「へぇ、倍以上だね」

 

妻反応:☆☆☆

 

DIAセレクション

hibiana「なんかいろいろもらえるよ!ポイントとか」

妻  「ふむ、もらえるものはもらっておこう」

 

妻反応:☆☆☆

 

 

SFCと違い、DIAは有期限であることが辛い所ですが、これもプレミアムメンバー事前サービスを最大限享受する為に3月までに解脱することにより、ほぼ2年間DIAでいられます。この間に体験できるDIAの価値と、かかるコストについて説明した所、ようやく妻の承諾を得られました。(ほっ)

 

総じて、妻は混雑するものを嫌がる傾向にあり、混雑している所からの退避ができる点、マイル等のポイント優遇の点にメリットを感じているようでした。皆、やはりどこかで特別扱いされたいという思いがあるのでしょうね。

 

私は諸々の予約とりやすさとマイレージ優遇、そして混雑喧噪からの解放に魅力を感じております。

 

ともあれ、これでようやく、修行への道が開きました。